MID-TERM HIRING

MENU

ENVIRONMENT

充実の福利厚生システム12

閑谷福祉会の福利厚生についてピックアップしてご紹介します。
ほかにも様々な制度がありますので、気になる方はお問い合わせください。

01

家賃金額に応じて
住居手当を毎月支給

家賃の一部を法人が負担します。27,000円を上限に支給されます。

02

通勤距離に応じて
通勤手当を毎月支給

通勤にかかる費用を法人が負担します。片道2キロ以上の通勤距離に対して29,600円を上限に支給されます。

03

年2回の
ボーナス支給

6月1日、12月1日に在職する職員には期末手当が支給されます。正規職員は2.2ヶ月分×2回、契約職員は1ヶ月分×2回が支給されます。

04

休暇制度も
充実

継続勤務が6ヶ月を超えた職員は年次休暇を取得できます。また年次有給休暇とは別に結婚休暇、忌引休暇、災害時休暇といった特別休暇や、配偶者出産休暇、子の看護休暇、介護休暇も有給休暇として取得することができ休暇制度も充実しています。

05

働きながら
資格取得

社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士の資格を取得した場合には、資格取得祝い金として30,000円が支給されます。また、フルタイム職員に対しては、社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士の受験資格を取得するために必須のスクーリングや実習、実務者研修等の受講日における就業免除もあります。

06

全職員に
特別手当を支給

国の福祉介護職員処遇改善に向けた取り組みを受けて、法人が支給しています。勤務年数や所持資格、勤務条件によって毎月4,000円~38,000円が支給されます。
例)入社1年目 資格なし 週40時間勤務 → 月20,000円支給

07

自己啓発のための
研修受講をサポート

自己啓発を目的に研修に自主参加する場合に、その費用の一部を法人が負担します。研修参加費の1/2(上限2,000円)が、一年間に1人5回を限度に支給されます。

08

職員の交流が
自然と深まります

職員の親睦を目的に、研修やイベント(バーベキュー、運動会、6時間リレーマラソンへの参加など)を開催しています。また、職員会(任意加入)から「イベント企画補助」「忘年会・歓送迎会補助」などもあります。

09

法人内サークル
活動等への補助制度

法人内(事業所の枠を超えた)の親睦等を目的として、10人以上が参加するサークル活動やイベント開催、法人外主催イベント参加等に対しては法人が一定金額を補助します。一人あたり1ヶ月1,000円を上限に支給されます。

10

健康診断費用
補助も充実

週20時間以上勤務されている方を対象に、健康診断の費用を法人が負担します。年に一度の健康診断が無料で受診できます。34歳以下の方は法定の項目を網羅した基本健診を、35歳以上の方は法定の項目に加えて生活習慣病健診という手厚い受診項目になっており、年齢に応じて必要とされる内容の健診を無料で受けられます。

11

インフルエンザ予防
接種費用補助

年1回のインフルエンザワクチン予防接種費用のうち、2,000円を法人が負担します。

12

将来も安心の
退職金制度

退職金が支給されます。社会福祉施設職員等退職手当共済制度(勤続1年以上週30時間以上勤務の方のみ加入、法人負担)及び、岡山県民間社会福祉従業者共済制度(正規職員のみ加入、法人と職員が本俸月額の27/1000に相当する額をそれぞれ負担)に加入しており、それぞれの支給規程に基づいて支給されます。

キャリアパス・研修

どのような仕事を、どれくらいの期間経験し、どの程度能力が身につくと、
どのようなポストに就けるのか―――
このようなキャリアアップの道筋や基準、条件を明確化したのがキャリアパス制度です。
この制度を確実に運用することによって、職員の成長、サービスの質の向上を目指しています。

経験年数
(最短)

  • 入社1年
  • 1年5年
  • 5年8年
  • 係長11年14年主任8年11年
  • 14年17年
  • 17年20年
  • 20年23年

職制

  • 一般職
  • 指導企画職

  • 管理職

役職

  • ビス管理責任者児童発達支援管理責任者

  • 所長管理者

    施設長事務局長

コース

新人
  • 新任研修
  • 介護技術基礎研修
  • 救急法研修
  • 接遇研修
  • 虐待防止研修
一般
  • リスクマネジメント研修(中堅)
  • 強度行動障害支援者養成研修
     (基礎)
  • 虐待防止研修
  • 救急法研修
  • 若手職員研修
シニア
  • コーチング研修
  • 相談支援従事者初任者研修
  • サービス管理責任者研修
  • 中堅職員研修
係長/主任
  • スーパービジョン研修
  • 指導者研修
  • 主任/係長講座
  • ハラスメント研修
マイスター
  • スーパービジョン研修
  • 強度行動障害支援者養成研修
    (実践)
課長
  • 管理職研修
  • 人事、労務管理研修
  • リスクマネジメント研修 (指導、管理)/係長講座
  • ハラスメント研修
チーフマイスター
  • 福祉の職場研修向上研修
部長
  • 人材マネジメント研修
  • メンタルヘルス担当者研修
  • 労務ゼミナール
施設長/事務局長
  • 福祉施設長専門講座
  • 経営者研修

マイスターとは

利用者支援における知識や実践スキルで高い専門性を持ち、現場での信頼も厚いプロフェッショナル職員を評価する仕組みで、管理能力が重視されるマネジメントコースとは別のコースとして設定。人事考課における評価と職員本人の意向を踏まえて、マイスターとして処遇される仕組みです。支援現場で他の職員に技術指導したり、法人内外の研修の講師等を務めるといった役割が期待されます。

RECRUIT

中途採用

募集職種 生活支援員 保育士 相談支援員
雇用形態 契約職員(正規転換制度あり)
必要資格 普通自動車免許
勤務地 障がい者支援施設しずたに及び各事業所
給与 年齢、前職、評価により異なるが
時給820円~860円または月給160,000円~
※採用後の評価により月給に切り替わる場合有
※正規転換後は新卒の基準に準じ、年齢や前職、評価によって基本給を決定
諸手当 特別手当 住宅手当 通勤手当 夜勤手当 特別勤務手当 超過勤務手当
賞与 2か月分(年2回に分けて支給)※入社1年後からの支給
昇給 年1回(4月)※勤務実績による
勤務時間 ①8:30~17:15 ②7:30~15:45 ③10:30~19:00
※生活支援員はそのほか夜勤を含むローテーション勤務有
※事業所により多少前後あり
休日 月9日(シフト制) 年間108日
休暇 有給休暇 特別休暇(忌引・結婚) 子の看護休暇 介護休暇 その他法に基づいた産前産後・育児・介護休業制度あり
加入保険
及び
福利厚生
雇用保険 労災保険 健康保険 厚生年金保険 
退職金共済(要件該当者のみ)   健康診断補助
インフルエンザ予防接種費用補助 再雇用制度 資格取得支援制度
自己啓発支援制度 サークル活動等への補助制度 財形貯蓄制度 他
選考方法 適性検査 面接

Q&A

中途採用

応募資格について

  • Q1

    福祉の知識、経験、資格がなくて不安ですが、応募できますか?

    福祉の仕事が未経験の方、資格を持っていない方も大歓迎です。実際に福祉以外の業種から転職してきた職員もたくさんいます。福祉以外でのあなたの経験や強みや個性を福祉の職場で存分に活かしていただきたいと思っています。そして働き始めて経験を積んでから、「専門分野の資格が欲しい」と思ったら積極的にチャレンジしてください。

  • Q2

    応募に際して年齢制限がありますか? 何歳まで応募できますか?

    年齢制限はありません、年齢に関係なく応募することができます。

採用後について

  • Q1

    異動はありますか?

    本人からの希望があれば適性を考慮した上で実施しています。キャリアパス面談(年に1回実施)の際に、異動希望を提出することもできます。

  • Q2

    試用期間はありますか?

    原則、採用月から3ヶ月間は試用期間となります。給与体系は変わりません。

  • Q3

    正規職員転換制度とは、どのような制度ですか?

    中途採用の場合は、採用時は原則的に契約職員としての採用になりますが、要件に該当される方には正規転換の機会を設けています。毎年、3月と9月に試験を実施しており、経験を積んで試験に合格し、正規職員として活躍している職員もたくさんいます。正規転換試験の受験資格は45歳までとしております。

  • Q4

    就職してから資格を取得することは可能でしょうか?

    受験資格に必要な実務経験を積んで、介護福祉士や介護支援専門員の資格取得に挑戦する職員や、働きながら通信教育での学びを経て、社会福祉士や精神保健福祉士の資格取得にチャレンジする職員もたくさんいます。資格取得祝い金の支給やスクーリングや実習、研修日における就業免除など、当法人は働きながらキャリアアップを目指す方を応援しています。

  • Q5

    これまでの経歴は給与に反映されますか?

    採用職種に関連する経歴については規定に基づいて前歴として換算されます。採用面接の際に履歴書をもとに詳しく伺います。

その他

  • Q1

    業務で自動車を運転することがありますか?

    配属先によって異なりますが、送迎や行事等で公用車を運転することがあります。

  • Q2

    当直業務や夜勤業務は月に何回ぐらいありますか?

    配属先によって異なりますが、事業所によって月に0回から5回の夜勤があります。

  • Q3

    出産しても仕事を続けられますか?

    産前産後休暇や育児休業制度、子の看護休暇など法令に沿ったものは完備しています。その上で一人ひとりに働きやすい環境を整えることができるよう柔軟に対応しています。 出産、育児休業後に職場復帰し、活躍している先輩職員もたくさんいます。

  • Q4

    介護をサポートする制度はありますか?

    介護休業制度や介護休暇など法令に沿ったものを完備しています。

01

PROFILE

菊山 凌

RYO KIKUYAMA

26歳 / 2017年入社

障害者支援施設 しずたに / 生活支援員

INTERVIEW

仕事内容を教えてください。

入浴、食事、排泄、更衣といった直接的な介助を日々行っています。年に一度、グループ旅行に行ったり、多くのイベントに利用者さんと参加し、一緒に楽しんだりしています。

  • 転職のキッカケや、閑谷福祉会に入職を決めた理由を教えてください。

    前職に就職して3年目の頃に、中学時代に所属していたサッカーのクラブチームの監督から「息子の描いた絵を見に来てほしい」と言われ、自宅にお邪魔した時のことがキッカケです。監督の息子さんには障がいがありますが、中学時代のサッカーの遠征には必ず一緒に来ていて、私はいつも彼のそばにいて、ほかの人と同じように友だちとして、またチームの仲間として関わっていました。会わなくなってしばらくたった彼の絵を見た時、個性的でとても素晴らしい絵だと感じました。「すごい才能が見つかったんですね。こんな力があったことにびっくりしました」と伝えると、「でも、今のこの子がいるのは中学の時のみんなとの関わりがあったからで、普通の人と同じように接してくれたからだと思う。本当に感謝している」と言われました。その時、自分でも障がいのある人たちに何かできるんだ、自分も障がいのある人たちの役に立ちたいという気持ちになり、福祉に興味を持ち始め、転職を決めました。

  • 前職との違いや、前職から活かせていることなどを教えてください。

    教育分野から福祉分野への転職で考え方のシフトチェンジには苦労しました。先輩たちから学んだり、利用者さんからのダイレクトな反応を肌で感じ、そして利用者さんにもさまざまなことを教えてもらいました。教育的な視点ではなく、あるがままの利用者さんをまずは受け入れ、利用者さんの思いを想像し、寄り添いながら人生を支えていく、という視点を少しずつ持てるようになってきました。前職から活かせていることは、レクリエーションやイベントなどの企画・運営です。前は子ども向けのものを考えてきましたが、その時の経験がアイデアやヒントとなっています。また、大学時代に学んだカウンセリングの技術や考え方が非常に役立っています。

  • 転職後、働き方やワークライフバランスの変化などがあれば教えてください。

    さまざまな時間の勤務があるため、最初は慣れるのに大変でした。でも、慣れるとうまく時間を使うことができるので、前職よりいろいろなことに時間を使えるようになりました。

  • 今の仕事はどんな時にやりがいを感じますか?

    利用者さんに関して新たな発見があった時です。また、何気ないひと言「ありがとう」を言われた時もうれしいですね。毎日が同じ状況や環境でないため、日々やりがいを感じます。

  • 今後目指していることや将来の夢を教えてください。

    最近は、利用者さんへの支援の取り組みを考え、挑戦したいことを仲間や上司に提案できるようになってきました。支援を必要としている利用者さんについて、その人に関わる多くの人が思いを伝え合い、本当に必要な支援について一緒に考えることが大切だと思います。支援は個人のアプローチだけでは成り立たないため、情報を共有し、会議で丁寧な議論を重ねながら、利用者さんの人生がよりよいものになるよう支援していきたいと思います。

  • 入職を希望される人へメッセージをお願いします。

    利用者の方の体調や情緒も変化があり、障がい特性もさまざまで、その中で支援を行っていくのは大変ですが、先輩方が優しく教えてくれますし、助けてくれます。また、利用者の方から学ぶことが多く、毎日やりがいや学び、喜びを得られる素敵な職場です。利用者の方と過ごす時間は楽しく、笑顔とパワーに元気をもらいながら仕事をしています。ぜひ皆さんも一緒に働きましょう!

TIME SCHEDULE

8:30 始業 通所事業所利用者の出発準備、見送り
9:00 引き継ぎ、見守り支援
9:30 水分補給支援(お茶、コーヒー、ジュースなど提供)
10:00 活動支援(生活リハビリなど)
11:30 昼食支援、服薬支援
12:30 休憩
13:30 活動支援(レクリエーション、創作、音楽活動など)
14:30 おやつ支援
15:00 見守り支援、入浴支援(浴室への誘導など)
16:00 見守り支援、排泄支援
16:30 終礼参加、引き継ぎ
17:00 日誌記入
17:30 終業
02

PROFILE

山本 友美

TOMOMI YAMAMOTO

42歳 / 2015年入社

閑谷ワークセンター・せと / 生活支援員

INTERVIEW

仕事内容を教えてください。

生活介護の方の日常生活支援を行っています。閑谷ワークセンター・せとでは、午前・午後と利用者さんに作業をしていただいているのですが、自分の役割や、やりがいを感じながら楽しく作業をしてもらえるよう支援しています。また、公共交通機関を利用して外出するなど、利用者さんが笑顔で新しいことにチャレンジできるよう、取り組んでいます。

  • 転職のキッカケや、閑谷福祉会に入職を決めた理由を教えてください。

    転職時、子どもがまだ小学校に通っていたため、日曜・祝日の休み希望と、閑谷ワークセンター・せとの休みが重なっていたことが最初のキッカケです。障害者施設での仕事経験もなく不安でしたが、初めて電話をかけさせてもらった時の対応がよく、ぜひ見学してみたいと思いました。そして、見学の際、利用者さんが一生懸命仕事をされている姿が印象に残り、自分もここで一緒に働きたいと思いました。

  • 前職との違いや、前職から活かせていることなどを教えてください。

    以前は高齢者の通所施設で働いていました。人と人とのふれあい、人とコミュニケーションをとることなど、共通する部分はたくさんあります。そして、相手の気持ちや言葉に耳を傾けること、その方を知ろうとする姿勢は、自分が今まで学んできたことや、大事に思い実践してきたことで、活かせていることだと思います。

  • 今の仕事はどんな時にやりがいを感じますか?

    利用者さんやご家族が、自分を必要としてくれていると感じた時です。感謝されることがやりがいにつながっています。人と人がつながるということを、とても感じられる仕事だと思います。「ありがとう」と言葉で伝えてくれる方、言葉で返せなくても表情で返してくれる方の、"ありがとう"を感じた時、この仕事をしていて楽しい、よかったと思います。

  • 今後目指していることや将来の夢を教えてください。

    今もですが、これからも、利用者さんの気持ちに寄り添い、笑顔でよりよい支援ができる職員を目指していきたいです。そのためにも、専門的な知識や技術を学び、日々精進していきたいと思っています。

  • 入職を希望される人へメッセージをお願いします。

    「人の役に立ちたい」と思う気持ちがあれば大丈夫です。この仕事は相手があり、直接支援したことが形となり返ってきます。時には思うようにいかず、悩むことがあると思います。でも、自分が行った支援で人が喜んでくれた時は、喜びも倍以上のものになります。また、私のように何歳からでも始めることができ、チャンスは年齢に関係ありません。少し歳をとっている方がうまくできる支援もあると私は思っています。とてもやりがいのある仕事です。私もまだまだ日々勉強中。支援の現場の楽しさ、喜びを一緒に感じ、学んでいきましょう!!

TIME SCHEDULE

8:30 始業、利用者さん迎え入れ、更衣支援
8:50 朝礼
9:10 作業、作業の声かけ、見守り、排泄誘導・支援
10:30 休憩
10:45 作業、作業の声かけ、見守り、排泄誘導・支援
12:00 昼食、食事介助、見守り、服薬支援
13:00 作業、作業の声かけ、見守り、排泄誘導・支援
15:00 見守り、更衣支援
15:20 清掃、帰宅準備支援、排泄誘導・支援
15:30 終礼
15:45 送り出し、送迎、清掃
17:00 日誌記入
17:15 終業
03

PROFILE

村竹 佑介

YUSUKE MURATAKE

30歳 / 2016年入社

にじいろスクエア・せとうち(生活介護ひばり) / 生活支援員

INTERVIEW

仕事内容を教えてください。

(ご自宅から毎日通って来られる生活介護の利用者さんと一緒に)ウォーキングや体操などの体を動かす活動や、畑仕事、内職の作業も行います。また、昼食や排泄などの日常生活支援を行います。

  • 転職のキッカケや、閑谷福祉会に入職を決めた理由を教えてください。

    介護職員実務者研修の学校に通っていた際、講師の方のお話に興味を持ち、実際に体験実習をさせてもらったところ、閑谷福祉会で福祉に携わっていきたいと思ったためです。

  • 転職後、働き方やワークライフバランスの変化などがあれば教えてください。

    前職は働いている時間が長く、プライベートの時間もあまり取れませんでしたが、今の仕事はきちんと休みが取れ、仕事もプライベートも充実しています。

  • 前職との違いや、前職から活かせていることなどを教えてください。

    前職は建設関係の仕事だったので、物を扱う職から人と接する仕事に変わり随分と違いを感じます。会話などコミュニケーションの難しさを感じることもありますが、とてもやりがいがあり、充実しています。

  • 今の仕事はどんな時にやりがいを感じますか?

    支援によって利用者の方にちょっとした変化が見られた時や、園外活動に出て楽しいことを利用者の方たちと共有した時です。

  • 今後目指していることや将来の夢を教えてください。

    介護福祉士などの資格の取得です。また、利用者さん、そして法人にとって、必要な人材になることです。

  • 入職を希望される人へメッセージをお願いします。

    毎日が勉強の日々で、とても成長することのできる仕事だと思います。ぜひ、福祉を一緒に盛り上げていきましょう。

TIME SCHEDULE

8:00 送迎出発
9:00 到着、利用者さんの水分補給など
10:00 朝の会
10:15 活動(畑の水やり、ウォーキング、体操など)
更衣、排泄支援
12:00 昼食支援
13:15 作業(ペットボトルのラベルはがし、
お茶切り、キャップ磨きなど)
排泄支援
14:15 作業(ペットボトルのラベルはがし、
お茶切り、キャップ磨きなど)
排泄支援
15:00 見守り、連絡帳記入
16:00 送迎出発
17:00 終礼、日誌入力
17:15 終業